食べてないのに太るのは、基礎代謝量の低下が原因!?

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加  

食べてないのに痩せない!実は基礎代謝の低下が原因だった!?

「頑張ってダイエットしてるのに全然痩せない!」

 

「少し食べただけですぐ太る」

 

食べてないのに太る

こんな悩みはありませんか?

 

もしかしたらそれは基礎代謝量の低下が原因かもしれません。

 

 

基礎代謝量とは、呼吸や体温調整、心臓を動かすなど、生命活動を維持するために消費されるエネルギー量のことです。

 

生活環境などによって変わってきますが、年を取るとともに筋肉量が減っていくため、年々減少していくと言われています。

 

なので、普段から動かず筋肉が低下していってるのに、若い時の食生活を未だに続けていると、太りやすいのは当然のことなんですね。

 

 

しかも基礎代謝量は、1日の総消費エネルギーの70%を占めています。

 

それ以外で、運動や食事などによる消費エネルギーが加わります。

 

消費エネルギーの大部分が運動によるものだと思っていた方にとっては驚きですね。

 

 

よく、同じ量を食べているのに、太りやすい人、まったく太らない人がいますが、基礎代謝量の違いが理由だったのかもしれません。

 

それでは実際に、基礎代謝量が低下していないかチェックしてみましょう。

 

基礎代謝が低下しているかチェック

数値化して正確に測れるものではありませんが、基礎代謝量が低い方の特徴をまとめてみました。

 

  • 体温が低い(平熱36度未満)
  • 冷え性である(手足が冷えやすい)
  • 姿勢が悪い(気づくと猫背になってる)
  • 湯船に浸からずシャワー派
  • 汗をかきにくい
  • ちょっと食べただけで太りやすい
  • 少し動いただけで息切れする
  • 肩こり・腰痛がある
  • 生理不順、または生理痛がひどい
  • あまり動かずじっとしてることが多い
  • 便秘がちである

 

上の項目に当てはまっている分、頑張り次第では基礎代謝量を上げることは可能だと思います。

 

気になるところを改善して、代謝をあげていきましょう。

 

毎日の生活から基礎代謝量を上げる方法

日常のちょっとしたことから基礎代謝が上がる方法を、生活環境・食生活・運動に分けてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

生活環境を見直す

 

姿勢を正す

姿勢を正す

普段から猫背になりがちな人は、姿勢を正すことによって、内臓の圧迫感をなくし、深層筋というコアマッスルが強化され、基礎代謝量アップにつながります。

 

このコアマッスルが強化されることで、基礎代謝量の10%〜20%上がると言われています。

 

 

体温を上げる

体温を上げる

体温が36℃未満の方はまず体温を上げる努力から始めましょう。体温が1℃上がるだけで基礎代謝が10%ほど上がります。

 

体温を上げるためには、冷たい食事や飲み物を今まで以上に控えましょう。

 

そして、良質な睡眠をしっかり取ることが大切です。

 

 

血行を良くする

体温を上げることと似ていますが、体温を上げるとともに血行促進を頑張りましょう。

 

今までお風呂をシャワーで済ませていた方は、38℃〜40℃程度の湯船に20〜30分程度浸かることでだいぶ違います。

 

食事から代謝を上げる

食事から体を温める

体を温める料理はたくさんあります。温かい料理もそうですが、体が温まる成分を含んだ料理が最適だと思います。

 

例えば、カプサイシンという成分で唐辛子などに含まれていますが、発汗作用がありダイエットにも効果があると言われています。

 

唐辛子を入れたキムチ鍋なんかいいかもしれません。

 

あとは、生姜・ネギ・にんにくなどなど、これらを使って温かい料理を作ってみてはいかがでしょうか?

 

アミノ酸を摂る

アミノ酸は脂肪を燃焼してエネルギーへと変えてくれる働きがあります。

 

数多くの食材にアミノ酸が含まれているため、摂取しやすいかと思います。

 

例えば、動物性たんぱく質である、「肉類・魚介類・乳製品」や、植物性たんぱく質である、「豆類」など、これらを積極的に摂取していくことが重要です。

 

運動をする

  • ストレッチ
  • 筋トレ
  • 有酸素運動

 

筋トレ

年を取るごとに筋肉量が低下すると、基礎代謝量もそれに合わせ減少していきます。

 

筋肉量を増やすには、やはり筋トレが重要になってきますので、自宅で無理なく筋トレを習慣づけてみてはいかがでしょうか?

 

また、筋トレ(無酸素運動)と有酸素運動、両方を実践していくことで、太りやすい体質を改善していけると思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク


 

ページの先頭に戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加